株式投資なら「マエストロの株式ボナセーラ」

マエストロTOP   個人情報保護方針 お問い合わせ サイトマップ

マエストロの株式ボナセーラ

ユーザーID

パスワード

株式会社クマガイサポート 関東財務局長(金商)第690号、日本投資顧問業協会012-02231号

Member Welcome
マエストロのコンセプト
STEP UP売買法

DVD

「資産運用セミナー」
価格:13,000円(税別)

facebook

株式投資ならマエストロの株式ボナセーラTOP  マエストロのデイリーコメント

マエストロのデイリーコメント
本日の株式市場の全体的な動き
マエストロのコメント

 ■□ 本日の株式市場の全般的な動き □■

 4月21日の東京株式市場、日経平均株価 -591円の28,508円。
 昨晩の米NY株式市場、DOW -256ドルの33,821ドル、NASDAQ総合指数 -128.49ポイントの13,786.26ポイント。
 東証1部の騰落数、値上がり132銘柄、値下がり2,028銘柄、変わらず31銘柄。
 東証1部の売買代金、2兆6,462億円、売買高は12億6,232万株。

 ■□ 主力株・1部2部の目立った銘柄 □■

 【東証1部の目立った上昇銘柄】
 住石HD(1514):+15円の129円。ダイヤモンド半導体。
 明豊ファシリティ(1717):+51円の831円。業績予想上方修正。
 ファルテック(7215):+70円の858円。【特別会員銘柄】
 ザッパラス(3770):+34円の493円。占いコンテンツ。
 【その他の目立った上昇銘柄】
 フェイス(4295)、LITALICO(7366)、ウッドワン(7898)、PI(4290)、ウイングアーク(4432)、アドバンスクリエイト(8798)など。
 【東証2部の目立った上昇銘柄】
 ジー・スリーHD(3647)、インタートレード(3747)、さいか屋(8254)、クレアHD(1757)、北日本紡績(3409)など。

 ■□ 新興市場銘柄の動きと投資戦略 □■

 JASDAQ平均 -60.29の3,882.68
 マザーズ指数 -40.56の1,204.23
 【ストップ高となった銘柄(引け値)】
 山大(7426【ザラ場のブログ銘柄】)、ロングライフHD(4355)、ブティックス(9272)、愛光電気(9909)など。
 【目立った上昇銘柄】
 オンコリスバイオ(4588)、第一商品(8746)、ネクストウェア(4814)、大日光(6635)、ヒップ(2136)、MICS化学(7899)など。

 【投資戦略】
 昨晩の米NY株式市場は続落。
 市場では『世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により旅行関連株が打撃を受けたほか、先週発表された米銀行の好決算に対する見直しが広がった』と指摘されておりました。
 東京株式市場は、米NY株式市場の下落や為替の円高歩調、日経225先物安を嫌気し売り優勢で取引を開始。寄り付き後も軟調な動きが続き、日経平均株価は-591円の28,508円と大幅続落で本日の取引を終えました。
 新興市場も、日経平均株価の下落に連動し軟調な動きとなっております。

 東京株式市場は、新型コロナウイルス感染拡大に緊急事態宣言発令を警戒する見方、円高歩調の為替などが、マイナス材料となり足を引っ張っております。東証1部の騰落数を見ると、値上がり132銘柄に対し、値下がり2,028銘柄とまさに全面安。日米首脳会談を経て変化が出ております。新型コロナウイルス感染者数の増加もありますが、外交上明かされない重要な何かがあったのではないかとも思っております。
 先週から書かせていただいているように、今週は大型連休や決算発表本格化を控えて、更に様子見ムードが高まることが予想されます。そうしたことから値動きの良い材料銘柄の日替わり物色となりそうです。引き続き、どのような銘柄が動くのか?見ていきます。

 【テクニカル分析から注目する銘柄】
 マエストロでは、新興市場の新たな材料銘柄を中心に、『暴騰銘柄の下落後の反発狙い』『三角保ち合い上放れ銘柄の買い』『下値もみ合い離脱銘柄の買い』『好業績銘柄の買い』とテクニカル重視で見ていきます。個別では、ウッドワン(7898)、ハイアス・アンド・カンパニー(6192)などをマーク。

  ■□ 日経平均株価の動向と予想 □■

 日経平均株価終値 -591円の28,508円
 TOPIX -38.07の1,888.18ポイント
 日経平均株価 中期基調・短期基調はそろって下向き継続。
 サイコロ ●○●○●○●○○○●●「6勝6敗」
 日足 下放れ陰線。

 【市場の声】
 『新型コロナの感染拡大を受けた3度目の緊急事態宣言の発令を警戒した売り圧力の継続への警戒感も根強い』と指摘されております。

 【日経平均株価の予想】
 本日の日経平均株価終値は-591円の28,508円と大幅続落。
 マエストロでは昨日に『本日の下落で中期基調・短期基調はそろってフラットから下向きに変化しました。明日以降29,000円を終値で明確に割り込んでくると、中期トレンドは調整入りとなる可能性も出てきます』と書かせて頂きました。
 注目された本日の動きは-591円の28,508円と大幅続落となり、29,000円を終値で明確に割り込みました。コロナショック以降の上昇相場が終焉、調整入りとなったと思われます。
   

有価証券等に係るリスク

投資顧問契約により助言する有価証券についてのリスクは、以下のとおりです。

1.株式

【株価変動リスク】
株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。 また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。

【株式発行者の信用リスク】
市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります。(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

2.信用取引等

信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むこと、又、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。

投資顧問契約締結前交付書面個人情報保護方針フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針お問い合わせクーリングオフ・契約解除サイトマップ
PAGE TOP